南紀勝浦温泉  くつろぎの宿 料理旅館
 ●インターネットでの空室確認・ご予約はこちらから
南紀勝浦温泉万清楼 お料理 客 室 温 泉 館内案内 観光・レジャー 宿泊プラン 交 通
源泉かけ流しの落ち着いた庭園風呂と露天風呂
源泉かけ流しの温泉
南紀勝浦の楽しみは、なんと言っても良質のお湯と豊富な湯量を誇る温泉
源泉かけ流しの落ち着いた静かな庭園風呂で旅の疲れを癒して下さい。
 千代の湯
当館自慢の温泉『千代の湯』は勝浦温泉の中では塩分が少なく、とても肌にやさしい泉質です。
季節・天候・気温によりお湯の色が7色に変化するのも千代の湯の特徴の1つです。
 

 
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物温泉

 
放流式(源泉かけ流し)

 
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、冷え性、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病



当館の温泉『千代の湯』にはタオル・バスタオルをご準備しております。
ホテル浦島にお出かけの際はお部屋よりタオル・バスタオルをお持ち下さいませ。
露天風呂も源泉かけ流し
ホテル浦島へお出かけ下さい。
姉妹館ホテル浦島へも、ご自由にお出かけいただけます。
天然大洞窟温泉「忘帰洞」「玄武洞」をはじめとする、ホテル浦島館内の温泉巡りを散策気分でお楽しみ下さい。
大洞窟温泉「忘帰洞」
忘帰洞温泉は「忘帰洞の湯に浸かれば家に帰るのを忘れてしまう程の名湯」という意味で、名前の由来は、大正初期元紀州藩の徳川頼倫公が来遊され「帰るのを忘れるほど」と賞めて名づけられたものです。
温泉の泉質が良いことはもちろん、忘帰洞が天然の洞窟にあり風情があります。この天然の洞窟は、熊野灘の荒波に侵食されてできたもので、間口約25m、奥行約50m、高さ約15mもある巨大なものです。

 
大洞窟温泉「玄武洞」 姉妹館ホテル浦島
   温泉利用の際の注意
●貴金属のご使用について
 指輪、ネックレスなど貴金属等は、温泉成分で変色する恐れがございます。
 6箇所の温泉全てご利用の際は、外してご入浴ください。

●妊婦さまへ
 泉成分が身体に影響を及ぼすことはございませんが、妊娠初期(妊娠4ヶ月迄)と
 後期(8ヶ月以上)は身体に及ぼす影響(水圧によって流産や破水が起こりやすい事や
 皮膚が敏感である)が出やすい時期ですので、ご利用をお断りしております。
 また、安定期におきましても、石鹸などで万が一滑ると大変ですので十分にお気をつけください。

●妊娠中の入浴につきましてのご注意点(参考までに)
 ・42度以上の熱いお湯や水風呂は控える。(血圧の急な変化により立ちくらみなど予想される)
 ・長湯は控える。  (赤ちゃんの体温もあったまってしまう。心拍数が早くなる)
 ・10分位の入浴を2回位に控える。
 ・人の居る時に入浴する。(一人のとき具合が悪くなったら大変です)
 ・露天風呂など足元に注意してください。
 ・発汗後の十分な水分補給をしてください。

●ホテル浦島にお出かけの際はお部屋よりタオル・バスタオルをお持ち下さいませ。
・プラン一覧検索、予約
・予約登録(一般料金)
・予約確認・変更・取消
・お客様登録
・登録内容の確認・変更・取消
旅先の愉しみ万清楼の料理
くつろぎの空間、万清楼の和洋室
癒しの湯、万清楼の温泉
 観光レジャー案内(外部リンク)

 ・勝浦の観光案内
 (南紀勝浦温泉旅館組合)

 ・観光モデルコース
 (南紀勝浦温泉旅館組合)

 ・勝浦のイベント情報
 (南紀勝浦温泉旅館組合)

 ・那智勝浦町観光協会
 (那智勝浦町観光協会)

 ・熊野古道ウォーキングナビ
 (和歌山県)

・南紀勝浦温泉万清楼 ・お 料 理 ・客  室 ・温  泉 ・館 内 案 内 ・観光・レジャー
・宿泊プラン ・交  通
Hotel Urashima Chain
南紀勝浦温泉
ホテル浦島
南紀串本温泉
浦島ハーバーホテル
奥熊野・川湯温泉
川湯きのくに
奥熊野・川湯温泉
川湯みどりや
奥熊野・川湯温泉
川湯まつや
〒649-5334
TEL0735-52-0033 FAX0735-52-4113 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦448
Copyright (C) Manseirou. All Rights Reserved